豆腐麺であなたのダイエット・糖質制限等の食生活・健康をサポート。糖尿病、メタボ、予防にも。
ハートのまち南城(沖縄)生まれの琉球豆腐。

head

生産者の声

人は年齢とともにおいしさも覚えています。いったん覚えた美味しさは、絶対に忘れません。
若い頃は、お腹を満たすだけの「量」が年齢とともに「質」に変わり、不味い料理に出会うとその料理を残すか、二度とその料理を食べようと思わないのではないでしょうか。
 
食の世界に飛び込み早20年、ただ旨い物を作ればいいと満足していた自分がいました。
妻の糖尿病、自分自身の肥満に数年間悩み続けていたとき、兄の勧めで糖質制限と出会いました。
半信半疑で実践するとどうでしょう。妻は3日間で低血糖に、私自身は1週間で4kg減。
あんなにお腹いっぱい食べていたにも関わらずこの結果です。

糖質制限の主たる方法は、炭水化物(米、パン、麺、砂糖など)を極力減らすことです。
実践し思ったことが、外食をしようとした時に、糖質制限をしようとすると、何処へ行っても炭水化物があり、その副菜だけを選んで食べても、主食に対する副菜なので味は濃く、量も足りず、コストもかかる。「困った!」と同時に「困っている人は、もっともっといるぞ!」毎日でも食べられるおいしく安全に、リーズナブルな食品はないのか。ここから豆腐麺を使用する事を思いつきました。そこで、国内では製造していないので、台湾産の豆腐千糸を使用してましたが、国内、県内で安心安全に製造・普及させたいと思い、開発に携わることになりました。
糖尿病を患ったり、肥満、高血圧になる人々の年齢層はおおむね40~60歳。年齢とともに代謝が衰え、糖質過多になります。
健康に対して少しずつ不安になってくる年代です。この不安を少しでも和らげることができればと思います。

head

ページトップへ戻る

head

会社概要

会社名 株式会社琉球豆腐
所在地 〒901-1203
沖縄県南城市大里大城910-1
TEL 098-917-0101
FAX 098-917-0088
店舗運営責任者 羽賀勝基
事業内容 大豆製品の製造販売
head

head

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

head

報道関係者様へ

島豆腐麺とは、沖縄の「島豆腐」とまったく同じ成分の麺です。
これまでの日本では、カロリーや脂肪の摂り過ぎばかりがやたらと問題視され、糖質の摂り過ぎについて取りざたされることは多くありませんでした。

日本人は長い間米を主食としてきたため、糖質の摂り過ぎにとても寛容で、過剰な糖質が招く弊害について認めにくい状況になっています。しかし、三大栄養素の中で血糖値を上げる唯一の存在は糖質です。余分な血糖は中性脂肪として脂肪細胞に蓄積され、高中性脂肪血症や肥満を招く直接の原因となります。

高血圧、糖尿病、肥満、脂肪以上やそれに伴う合併症が急増している今、真っ先に減らすべきは今の日本人が過剰に摂取している糖質であることはもはや疑いようがないことかもしれません。具体的にはご飯、パン、麺類などの主食の摂取をできるだけ減らし、糖質が多いイモ類、菓子類、根菜類、醸造酒、砂糖、ジュースも控えます。それらの代わりに低糖質の魚介類、肉類、大豆食品、葉物野菜、海藻、キノコなどのおかずを多く食べるのです。

糖質オフの食事を正しく実行すれば、食後の血糖値の上昇がほぼ確実に抑えられ、血液がベトベトにならずにすみます。そうなれば、高血糖の常態化や悪玉物質であるAGE(終末糖化産物)の発生、さらには活性酸素(攻撃力の強い酸素)の大量発生も抑えられるとされているので、全身が生き生きと若やぐ大きな効果が期待できます。
糖尿病、脂質以上、動脈硬化、ボケ、ガン、関節痛などの予防と改善に大いに役立つとされています。

日本人は摂取カロリーの約6割を糖質から摂っており、一日の平均摂取量は260グラムです。
こうした糖質依存ともいえる食生活が血糖値を上げる元凶になり、日本人に糖尿病を蔓延させています。それにもかかわらず、従来のカロリー制限職では摂取量の6割程度を糖質で摂ることが推奨され、比較的カロリーが高い肉類などのおかずを減らした分、主食のパン、麺類などを多めにとるように指導されているのです。食事でとった糖質は体内でブドウ糖に分解され、血液中に溶け込んで血糖になります。一方、肉に含まれているたんぱく質や脂肪は血糖値の上昇に一切影響を与えません。つまり、いくらカロリー制限をしても、糖質の多い食品をとり続けている限り、血糖値の上昇は防げないのです。
人類が誕生したのは約700万年前。1万年ほど前に農耕文化が始まるまで、人類は狩猟や採集によるたんぱく質と脂質中心の食生活を長く続けてきました。
こうした悠久の歴史を考えると糖質オフの食事こそ私たち人間にとって至極当然な食事といえるのではないでしょうか。

取材用として島豆腐麺商品サンプル、レシピの提供、栄養成分などの情報やアンケート結果、その他当社のデータは、マスコミ各社様のご要望に合わせできる限りご協力させていただきたいと思います。
取材などもできるかぎり対応させていただきます。
ご連絡お待ちしております。

担当:羽賀勝基  TEL:098-917-0101

head

ページトップへ戻る

琉球豆腐 公式サイト
このエントリーをはてなブックマークに追加